修理・修復

赤ぼんぼり 火袋張替え 2尺5寸用

2023年2月3日 by sporder

ブログNo.4099 
赤ぼんぼり 火袋張替え 2尺5寸用

赤ぼんぼりの火袋を張り替えました。 

全高2尺5寸(約75㎝)のぼんぼりで、
長年のご使用で火袋が破れておりました。 

専門職人の手により、古い布地を剥がされ、
正絹羽二重地の赤布が新たに張り替えられました。 

火袋の張替えは、熟練を要する職人の手仕事でございます。

胡床 座面取替 

2023年1月18日 by sporder

ブログNo.4085 
胡床 座面取替 

新倭錦赤 胡床(相引)の脚を塗り替え、座面を取替えました。 

長年のご使用で黒塗りの色が褪せ、座面も汚れや破れる箇所がございました。  

座面と金具を外し、脚の色を塗り直し、
新調でお仕立てした新倭錦赤の座面(ブログNo.4078)をお取替いたしました。

太鼓張り替え 塗り替え 2尺×9寸

2022年12月26日 by sporder

ブログNo.4071  
太鼓張り替え 塗り替え 2尺×9寸

太鼓の張り替え、塗り替えが完成しました。 

直径2尺(約60㎝)深さ9寸(約27㎝)の大型の太鼓の修理です。

長期のご使用で、太鼓の革が緩み、塗り部分も傷んでおりました。 太

鼓の革を太鼓職人が張り替え、その後塗師の手にわたり、
漆塗りと本金箔で仕上げられました。  

平太鼓 張り替え 塗り替え 1尺5寸 (胴黒塗り)

2022年9月19日 by sporder

ブログNo.3988 
平太鼓 張り替え 塗り替え 1尺5寸 (胴黒塗り)

平太鼓の革を両面張り替えし、全体体を塗り替えました。

直径1尺5寸(約45㎝)深さ7寸(約21㎝)の平釣太鼓です。

長期のご使用で革が破れておりました。  

太鼓職人により両面が張り替えられ、塗師によって全面が塗り替えられました。

全体を黒漆で塗り上げ、太鼓面には左三つ巴紋が描かれ、
側面は黒漆で仕上げられております。

御簾鈎 江戸鈎(御簾鍵) 内寸12㎝本金鍍金直し  

2022年8月18日 by sporder

ブログNo.3960 
御簾鈎 江戸鈎(御簾鍵) 内寸12㎝本金鍍金直し  

御簾鈎の鍍金をいたしました。 

内寸12㎝の大型の鈎です。

長期のご使用で、輝きが無くなり黒くなりかけておりました。 

今回の御簾鈎は『江戸鈎』と呼ばれる上質の鈎でございましので、専門職人の手により本金メッキ直しいたしました。

浅沓修理(塗り替え、内装取替)

2022年8月10日 by sporder

ブログNo.3955 
浅沓修理(塗り替え、内装取替)

浅沓を修理しました。

大切な人からの引き継がれたもので、
ご使用による経年劣化により、内外装とも相当傷んでおりました。

専門職人の手により、表面は本漆塗り、沓底の取り換え、
甲当て、中敷きなどの内装の取り換えを行い、新品同様に仕上がりました。

約4カ月の期間と新調の御品以上の費用はかかかりましたが、
御品の復刻を通じて、大切な人との思いを繋ぐお手伝いができましたことを
光栄に存じております。


平太鼓 張り替え 2尺  片面

2022年7月25日 by sporder

ブログNo.3942 
平太鼓 張り替え 2尺  片面  

平太鼓を張り替えました。 

直径2尺(約60㎝)の大型の平釣太鼓です。 

経年のご使用で、片面革が薄くなり、一部に亀裂が入っておりました。 

専門職人の手により、革が張り替えられました。 

次に塗師の手にわたり、全体の塗り替えを行います。

赤ぼんぼり張り替え 3尺用

2022年7月22日 by sporder

ブログNo.3939 
赤ぼんぼり張り替え 3尺用  

赤ぼんぼりの火袋を張り替えました。 

長期のご使用で、火袋の一部が破れておりました。 

古い布地を取りはずし、絹地羽二重の生地を張り上げました。 

火袋の張り作業は、熟練の技術が必要で、
美しく張り上げるためには、長い経験が必要となります。

太鼓台丸枠 吊り金具取替え 2尺6寸(内径約80㎝)

2022年7月13日 by sporder

ブログNo.3931 
太鼓台丸枠 吊り金具取替え 2尺6寸(内径約80㎝)

太鼓台の丸枠の吊り金具をお取替いたしました。 

長期のご使用により、吊り金具本体が欠損しておりました。 

丸枠上部の座金(火炎用)を取り外し、
内部に残った金具を除き、新しい吊り金具をお取り付けいたしました。 

吊り金具は真鍮製本金メッキでございます。

平太鼓張替 1尺5寸×7寸

2022年7月3日 by sporder

ブログNo.3924 
平太鼓張替 1尺5寸×7寸 

平太鼓を張り替えました。 

直径1尺5寸(約45㎝)深さ7寸(約21㎝)の大型の平太鼓です。 

専門職人の手により、
牛革を使用して両面を張り替えております。 

完成した太鼓は、
塗師の手にわたり本漆と金箔で仕上げる工程に入ります。