日本の美しいデザイン

白木ぼんぼり 3尺六角足 

2021年3月7日 by sporder

 

ブログNo.3527
白木ぼんぼり 3尺六角足  

白木ぼんぼりを製作しました。 

神殿に4基(2対)ご奉納されます。 

高さ3尺(約90㎝)、材質は桧製、脚部は六角足でいございます。 

白木ぼんぼりは周りを照らす神殿調度として、神殿内に配されます。 

光量だけみれば現在の照明器具に劣り、 
空間の中に明るい場所と暗い場所が生まれます。 

しかしながら、谷崎潤一郎の『陰影礼賛』に記されているように、
陰影のコントラストが美しさを引き立てます。 

ほのかな明るさと暗さの中に、様々なイマジネーションがうまれ、
奥ゆかしさ、美しさを感じとれるのは、
日本人が先人から引き継ぐ美意識と言えるでしょう。

 

 

 

萬歳旗 はがきサイズ 

2020年12月31日 by sporder

 

ブログNo.3474 
萬歳旗 はがきサイズ 

はがきサイズ(100×148㎜)の萬歳旗を製作しました。 

ご家庭において、お正月をはじめとする吉祥日に、
リビングに設えられます。  

朱色生地に金糸で『萬歳』が刺繍され、
繧繝縁で四方が囲われております。

お正月にふさわしい御品を、
令和2年大晦日のブログでご紹介させていただきました。

 

提灯台 8尺 吉野桧製  2-2

2020年7月27日 by sporder

ブログNo.3348
提灯台 8尺 吉野桧製  2-2 

提灯台が完成し、高張提灯(ブログNo.3346)を設えました。 

提灯とのバランスも良く安定感が感じられます。 

屋根の社紋は金属製もできますが、
木製の社紋(ブログNo.3346)は控えめで、提
灯が際立つ美しい提灯台に仕上がりました。

 

 

 

 

神鏡、神鏡台 1尺

2020年7月11日 by sporder

ブログNo.3335 
神鏡、神鏡台 1尺 

神鏡及び神鏡台を製作しました。 

社殿の前に設えられます。 

神鏡の直径が1尺(約30㎝)
台幅43㎝奥行11.5㎝ 総高さは約53㎝でございます。 

神鏡台の材質は木曽桧材で、
専門職人の手により『雲』柄をはじめ
伝統の意匠が彫り込まれております。

白木灯篭 火袋 吉野桧製 

2020年7月3日 by sporder

ブログNo.3328 
白木灯篭 火袋 吉野桧製 

白木灯篭の火袋を製作しました。 

参道の左右に柱を立て、上部に白木灯篭の火袋を据えられます。 

幅52㎝奥行54㎝高さ62㎝、材質は吉野桧材です。 

側面の意匠として『☓印』の桟を入れております。 

格子とは趣の異なる佇まいで、
多数の灯篭が並ぶがゆえに
重厚さよりむしろ、軽やかさの感じられるデザインになっております。

 

 

金幣 吊り下げ型 2尺5寸2-2

2020年6月14日 by sporder

 

ブログNo.3313
金幣 吊り下げ型 2尺5寸2-2 

金幣は幣の形状により『切り下げ型』、
『吊り下げ型』の2種類ございます。

また、『切り下げ型』が3本連立する、
3本立てもございます。

今回の御品は、幣軸が台に差し込まれ、
抜き取ることができますが、

小さな金幣になりますと、
幣軸と台が一体化したものがございます。

ご指定により、台の裏側には、
御奉納者のお名前、年月日を記しております。

 

 

雅なアマビエ 『Miyabie』

2020年5月21日 by sporder

ブログNo.3293 
雅なアマビエ 『Miyabie』

コロナウイルスの早期終息を願い、
有職織物を使って『Miyabie』を製作しました。

有職織物は、萌黄、浅葱、朱色、緋色、白、紫、金茶の七色でございます。

有職織物は、各色A3サイズ(420×297mm)
1枚¥800円(税込み)でご用意しております。

 

雪華文様 トートバッグ 【数量限定の御品】

2020年3月6日 by sporder

ブログNo.3228 
雪華文様 トートバッグ  【数量限定の御品】

雪華文様のトートバッグをデザインしました。  

サイズ素材カラー
42×38×13㎝綿(Cotton)100%ロイヤルブルー・グレー・ブラック・
ピンク・ライトブルー・
  
価格(税込価格)¥2,200

 
雪華文様は、雪の結晶をモチーフにした模様でございます。  

雪を華(花)に見たてることにより、雪華(せっか)と呼ばれます。    

雪華文様は、江戸時代に古河藩主の土井利位が雪の結晶の観察を家臣に命じてにまとめた
「雪華図説」に端を発し、武家だけでなく庶民にも普及しました。 

印籠や刀の鍔(つば)、着物や装飾小物などをはじめ、
様々なところに雪華紋が使われ、現在に至っております。

また、北欧の雪の結晶デザインと相通じるものもございますが、
細部には日本人特有の自然感が織り込まれており、
有職文様と並ぶ日本を代表する美しいデザインでございます。