神具

御帳台の内装 3-1 茵(しとね) 33.5×26.5 ㎝ 正絹縁 

2020年5月24日 by sporder

ブログNo.3295 
御帳台の内装 3-1  茵(しとね) 33.5×26.5 ㎝ 正絹縁 

茵(しとね)を製作しました。 

社殿改修に伴い、御帳台の内部の茵も新調されます。 

幅33.5㎝奥行26.5㎝厚み約1.5㎝ 、
縁は正絹倭錦赤小葵柄、内部は白地小葵地模様入りです。 

縁と中央に柔らかな盛り上がりがあるのが、茵の特徴でございます。

戸帳(壁代)人絹緞子 布筋赤紫胡蝶柄入り(織物)73.5×60㎝

2020年5月23日 by sporder

ブログNo.3294 
戸帳(壁代)人絹緞子 布筋赤紫胡蝶柄入り(織物)73.5×60㎝ 

戸帳(壁代)をお仕立てしました。 

神壇の後背面に設えます。 

幅73.5㎝丈60㎝、生地は人絹緞子です。 

布筋は赤紫胡蝶柄入りの織物、単(ひとえ)でお仕立てしております。
 
今回はあえて朽木の摺柄は入れず、一層の清楚感が引き立っております。

 

 

御簾 45×122 赤地白紋寿 

2020年5月22日 by sporder

 

ブログNo.3293 
御簾 45×122 赤地白紋寿 

御簾をお仕立てしました。

神殿の御社左右に設えられます。

幅45㎝丈122㎝、竹は綿糸表編み、
布は赤地白紋(丸に梅鉢紋)寿でございます。

御社の左右に御簾を設えることで、奥行の感じられる神殿になりました。

八脚案 桧 1尺5寸×7寸× 8寸 

2020年5月20日 by sporder

 

ブログNo.3291 
八脚案 桧 1尺5寸×7寸× 8寸 

 八脚案(八足台)を製作しました。 

神殿で座礼の玉串案としてご使用されます。 

幅1尺5寸(約45㎝)奥行7寸(約21㎝)高さ8寸(約24㎝)、
材質は天板が木曽桧、脚が吉野桧材です。 

天板と脚は蟻差しで組み上げる仕様でございます。

 

大玉串(大榊) 2尺 

2020年5月18日 by sporder

 大榊(大玉串) 2尺

ブログNo.3291 
大榊(大玉串) 2尺 

大榊(大玉串)を製作しました。 

御祭典で神殿の左右に設えられます。 

ご指定により総高さを2尺(約60㎝)に仕上げました。 

大榊は、最大150㎝くらいまでは製作可能でございます。

太鼓1尺8寸×7寸 生地仕上げ

2020年5月17日 by sporder

 

ブログNo.3290 
太鼓1尺8寸×7寸 生地仕上げ  

太鼓を製作しました。 

直径1尺8寸(約54㎝、)奥行7寸(約21㎝)の平太鼓です。

太鼓は完成後、 塗師が本漆と本金箔で仕上げますので、
生地仕上げでございます。

 

霊璽 89×69×200mm 交織倭錦緑 標木1本立仕様 

2020年5月16日 by sporder

ブログNo.3289
霊璽 89×69×200mm 交織倭錦緑 標木1本立仕様 

別注で霊璽を10柱製作しました。 

外寸 幅89mm奥行69mm高さ200mm 
覆いは交織倭錦緑です。 

内部には標木が1本立つ仕様、 材質は、桧材でございます。 

緑色の倭錦の覆いには、しっとりとした落ち着きが感じられます。

八脚案(神饌台・八足台) スプルース製 90×27×90㎝ 

2020年5月15日 by sporder

ブログNo.3288 
八脚案(神饌台・八足台) スプルース製 90×27×90㎝ 

八脚案を製作しました。 

御神前に設えられます。 

幅90㎝奥行27㎝高さ90㎝、
材質は天板がスプルース材脚部が吉野桧材です。 

天板と脚は蟻差しで組み立てる仕様でございます。

御簾 75.7×52㎝ 赤地白紋寿  切房

2020年5月14日 by sporder

ブログNo.3287 

御簾をお仕立てしました。 

神殿に設えられます。 
幅75.7㎝丈52㎝、竹は綿糸表編み、
布は赤地白紋丸に梅鉢寿、房は切房2段染です。 

裾にパイプを巻き込むことで質感を高くし、
御簾鈎で36㎝に巻き上げる仕様でございます。

桐箱 おかきさげ収納箱 落とし蓋仕様 13.4×17.2×39.4㎝  

2020年5月13日 by sporder

ブログNo.3286 
桐箱 おかきさげ収納箱 落とし蓋仕様 13.4×17.2×39.4㎝  

おかきさげを収納する桐箱を製作しました。 

幅13.4㎝奥行17.2㎝高さ39.4㎝、材質は桐製です。 

蓋は前面に差し込む落とし蓋仕様でございます。