楽器類

笙(本管) 洗い替え調律  根付け塗直し 

2020年7月22日 by sporder

ブログNo.3344 
笙(本管) 洗い替え調律  根付け塗直し  

本管の修理をおこないました。 

永年のご使用で、音程が整わず、
一部竹の付根部分から息漏れが出ておりました。 

幸いに碗部分には不具合がなく、
竹の値付けの塗直しと、洗い替え調律で、元の音に戻りました。

『べんざら』の紐取替

2020年6月12日 by sporder

ブログNo.3312 
『べんざら』の紐取替

『べんざら』の紐をお取替しました。

奈良県山間部の一部地域で、お祭りの際にご使用される伝承の楽器です。

樫木(原品は紫檀)の薄板を麻ひもで組み上げたもので、 
紐を持ち揺らして、音を出します。

地域には、書物に掲載されていない、
素朴な調度や楽器が未だございます。

古から大切に継承されている御品の修復や復刻は、
初めての試みになることもあり、
思考錯誤しながら進めることも多々ございますが、
伝統文化継承のお手伝いをさせていただいてる誇りと、
次世代への見本づくりにもつながるという思いで、
大切にさせていただいております。

 

太鼓1尺8寸×7寸 生地仕上げ

2020年5月17日 by sporder

 

ブログNo.3290 
太鼓1尺8寸×7寸 生地仕上げ  

太鼓を製作しました。 

直径1尺8寸(約54㎝、)奥行7寸(約21㎝)の平太鼓です。

太鼓は完成後、 塗師が本漆と本金箔で仕上げますので、
生地仕上げでございます。

 

太鼓1尺6寸 鉦鼓(すりがね)6寸5分  金属火炎 黒漆本金箔仕上げ 2-1  

2020年5月11日 by sporder

ブログNo.3285 
太鼓1尺6寸 鉦鼓(すりがね)6寸5分  金属火炎 黒漆本金箔仕上げ 2-1  

太鼓を製作しました。 

神殿に据えられます。 

太鼓の直径が1尺6寸(約48㎝)、鐘の直径は6寸5分(約19.5㎝)です。 

太鼓台、鉦鼓台は黒漆塗り、縁は本金箔仕上げでございます。

鞨鼓 胴に彩色 『牡丹』鞨鼓 彩色『牡丹』 

2020年5月10日 by sporder

ブログNo.3284  
鞨鼓 胴に彩色 『牡丹』

鞨鼓の胴に彩色しました。 

金箔で仕上がった胴に専門職人が、
『牡丹』と唐草の文様を、赤、青、緑、白を使って描いております。 

金箔仕上げの鞨鼓も格調高く見えますが、
彩色が施されることにより、
彩り豊かで鞨鼓本体に一層の立体感が感じられます。

太鼓火炎 座金(袴金具)修理

2019年12月16日 by sporder

ブログNo.3160 
太鼓火炎 座金(袴金具)修理 

太鼓の火炎の座金(袴金具)の修理を行いました。 

長期のご使用による振動で、丸枠に火炎を取り付ける座金(袴金具)が破損し、
火炎が揺れる不安定な状態でございました。 

座金を丸枠から取り外し、専門職人の手によって、座
金の破損箇所を取替え、元の状態に戻しました。 

修理の完了した金具を丸枠にお取り付けし、
火炎を安定して取り付けることができるようになりました。

白木太鼓撥 白フエルト仕様 1尺5寸 

2019年12月13日 by sporder

ブログNo.3157  
白木太鼓撥 白フエルト仕様 1尺5寸 

白木の太鼓撥を製作しました。 

全長1尺5寸(約45㎝) 、材質は白木製です。 

頭部分はフエルトを重ねた仕様で仕上ております。  

白木の撥に白いフエルトの色合いは美しく、
神殿に相応しい清浄感のある色合いでございます。

笙  洗替・調律  

2019年12月2日 by sporder

ブログNo.3148 
笙  洗替・調律  

笙の洗替・調律を行いました。 

長期のご使用で笙内部のリード部分が汚れ、
音程と響きに乱れが生じておりました。 

リード部分を綺麗に整えたうえで調律することにより、 
美しい音色に戻りました。

平太鼓(平吊太鼓・平釣太鼓)1尺1寸・鳥居台付  

2019年11月9日 by sporder

ブログNo.3128  
平太鼓(平吊太鼓・平釣太鼓)1尺1寸・鳥居台付  

平太鼓を製作しました。 

神殿で御祭典の際にご使用されます。 

太鼓の直径1尺1寸(約33㎝)奥行の浅い太鼓です。 

太鼓台は、木製枠組みの鳥居型でございます。 

飾り房は切房2段染を設えてました。

 

Mikoshi-Renovation 11-7 子ども神輿 改修  本坪鈴2寸3分(約6㎝) 本金メッキ  

2019年10月14日 by sporder

ブログNo.3104 
Mikoshi-Renovation 11-7

子ども神輿 改修 
本坪鈴2寸3分(約6㎝) 本金メッキ   

鈴棒の新調に伴い、
本坪鈴も新調いたしました。 

現状の鈴は直径約5㎝程度で、
素材はアルミ製でございました。

 鈴棒の太さにバランスが取れるように、鈴を大きくし、
揺れた時の音色や見た目の美しさ、耐久性を考慮し、
真鍮素材を本金メッキで仕上げました。 

鈴を鈴棒に取り付ける房紐も、朱色をご用意いたしました。