鈴緒 2尺 本麻  

2018年3月10日 by sporder

ブログNo.2583
鈴緒 2尺 本麻  

鈴緒を製作しました。  

社殿前に設えられます。 

全長2尺(約60㎝) 直径1寸(約3㎝)です。

素材は本麻を使用しております。

生成りで自然な色合いの本麻鈴緒は、無垢で清々しい美しさが感じられます。

御簾 本倭錦 麻房 90×15㎝  

2018年3月9日 by sporder

ブログNo.2582 
御簾 本倭錦 麻房 90×15㎝  

御簾をお仕立てしました。 

ご家庭の神棚に設えれます。 

幅90㎝丈15㎝、竹は綿糸表編み、
布は正絹本倭錦、房は麻房3段染です。 

布、房とも古式に則った組み合わせで、
色あい、質感とも格調の高さが感じられます。

御額 1尺3寸 金粉塗り仕上げ、文字色 金  

2018年3月7日 by sporder

ブログNo.2581   

御額 1尺3寸 金粉塗り仕上げ、文字色 金  

御額を製作しました。 

社殿前の鳥居にお取り付けされます。  

木製の生地に社名を金色で彫り込み、
縁も金色で仕上げております。 

額の御取り替えに合わせて、額受け金具も新調いたしました。

幟 綿地 9A 260×42㎝ 紺地 文字白抜き 

2018年3月6日 by sporder

ブログNo.2580  
幟 綿地 9A 260×42㎝ 紺地 文字白抜き 

幟を製作しました。 

御造営の御祭典時に境内に掲揚されます。 

幅42㎝長さ260㎝、生地は厚みのある綿地(9A)、
色は紺色、文字は白抜きです。 

幟を向かい合わせで立てられるため、
チチの位置は左右対称でお仕立てしております。

八脚案2段型 桧  90×24×75,60㎝ 

2018年3月5日 by sporder

ブログNo.2579 
八脚案2段型 桧  90×24×75,60㎝ 

八脚案を製作しました。 

御造営の祭典時にご使用されます。 

幅90㎝奥行24cm、高さ75㎝60㎝の2段型です。 

材質は天板が木曽桧材、脚部が吉野桧材を使用しております。

御幣 幣串 吉野桧3尺6寸5分(9×4×110cm) 

2018年3月4日 by sporder

ブログNo.2578  
御幣 幣串 吉野桧3尺6寸5分(9×4×110cm)  

御幣を製作いたしました。 

幣軸は幅9㎝高さ110㎝厚み4㎝、
吉野桧製で、上部を尖塔型に整え、上部から切りこみを入れております。 

幣は幣軸に合わせて裁断し、 
日の丸扇、五色の麻緒等を合わせてご用意しました。

 

布鈴緒 2尺  

2018年3月3日 by sporder

ブログNo.2577 
布鈴緒 2尺  

布鈴緒を製作しました。 

御造営に伴い、社殿前の鈴緒、布鈴緒を同時にお取り換えされます。 

全長2尺(約60㎝) 素材は綿地、 
緑黄赤白紫の5色を使って仕上げました。

賽銭箱 8寸 返し蓋  

2018年3月1日 by sporder

ブログNo.2576 
賽銭箱 8寸 返し蓋  

賽銭箱をご用意しました。 

社殿の前に据えられます。 

幅25㎝奥行17㎝高さ17㎝、正面に『奉納』の文字を入れております。  

お賽銭の取りだしは、
上部の傾斜した板で開閉する、返し蓋使用です。

八脚案(神饌台、八足台) スプルース 2段型 90×24×90、75㎝  

2018年2月28日 by sporder

ブログNo.2575
八脚案(神饌台、八足台) スプルース 2段型 90×24×90、75㎝  

八脚案を製作しました。 

幅90㎝奥行24㎝高さ90㎝75cmの2段型です。 

天板はスプルース材、脚部は桧材を使用し、
天板と脚は蟻差しで仕上げました。

太鼓台 2尺3寸 丸面 木彫り火炎  金具取り付け  

2018年2月27日 by sporder

ブログNo.2574
太鼓台 2尺3寸 丸面 木彫り火炎  金具取り付け  

内径2尺3寸(約70㎝、)の太鼓、鐘台に金具をお取り付けしております。 

生地職人、彫師、塗師、錺金具職人など、
数々の専門職人の手によって製作された部材を弊社で取り付け、
組み立てをしております。 

作業台に差し込む自然光で、 漆や金具が穏やかに輝き、
その美しさにしばし手を止めてしまうことがあります。