本坪鈴 5寸

2018年9月26日 by sporder

 

ブログNo.2763
本坪鈴 5寸
 

本坪鈴をご用意しました。 

全長5尺の鈴緒にお取り付けされます。
 
直径5寸(約15㎝)真鍮製です。 

鈴と鈴緒のお取り付け方法は様々な形式があり、
その方法の一つとして、 
それぞれをロープなどで吊るし、
鳴り音を確認しながら、鈴を鈴緒の位置を調整する方法がございます。

鈴緒 5尺 三色布巻き  

2018年9月25日 by sporder

ブログNo.2762 
鈴緒 5尺 三色布巻き  

鈴緒を製作しました。 

拝殿中央に設えられます。 

全長5尺(約150㎝)赤白紺の三色布巻き仕様です。 

上部には、本坪鈴をお取り付けいたします。

御簾 160×20㎝ 新倭錦緑 切房2段染

2018年9月24日 by sporder

ブログNo.2761
御簾 160×20㎝ 新倭錦緑 切房2段染

御簾をお仕立てしました。 

幅160㎝丈20㎝、竹は綿糸表編み、
布は新倭錦緑、房は切房2段染です。

緑系の布地に、赤白黒の3段染の房の組み合わせが一般的でございますが、
今回はご指定により紅白2段染を合わせました。

折敷 長型(長方形) 吉野桧 60×30×5㎝  

2018年9月23日 by sporder

ブログNo.2760  
折敷 長型(長方形) 吉野桧 60×30×5㎝  

長型の折敷を製作しました。 

ご神前に奉納されます。 

幅60㎝奥行30㎝高さ5㎝、材質は吉野桧です。 

折敷の基本は正方形ですが、 
長きにわたる伝統の継承の中で、長方形の折敷もあり、
長辺と短辺の比率も多様でございます。 

古い折敷の中には様々な比率がございますが、 
正方1:1、1:2、白銀比、黄金比など
現在も美しいといわれる比率のものが古くから継承されており、
古の職人の美意識は現在も変わらないように思います。

赤ぼんぼり(朱塗り) 塗り替え 2-2 

2018年9月22日 by sporder

ブログNo.2759
赤ぼんぼり(朱塗り) 塗り替え 2-2 

赤ぼんぼりの塗替え(ブログNo.2757)が出来上がりました。 

塗り上がった火袋に、正絹羽二重の赤布を張り完成です。 

木工職人、塗師、袋張り等各種の職人の手と
幾多の工程を経ております。 

今回の3本脚赤ぼんぼり(朱ぼんぼり)は稀なかたちで、
当時の職人がもつ可憐な意匠感覚は今にも通じるように思います。

 

八脚案(神饌台、八足台) 60×50×90㎝ 桧製

2018年9月21日 by sporder

ブログNo.2758 
八脚案(神饌台、八足台) 60×50×90㎝ 桧製 

八脚案を製作ました。 

奥行が深く、高い案です。 
幅60㎝奥行50㎝、高さ90㎝、 材質は桧製です。 

天板は3枚はぎ、天板と脚の取り付けは蟻差し仕様です。 

今回のような奥行が深く蟻差し仕様の場合、
長きにわたり安定がいいように、
きつめに仕上げております。

赤ぼんぼり(朱塗り) 塗り替え 2尺8寸 2-1 

2018年9月20日 by sporder

ブログNo.2757 
赤ぼんぼり(朱塗り) 塗り替え 2尺8寸 2-1

赤ぼんぼりの塗替えが出来上がりました。 

全高2尺8寸(約84㎝)の朱塗りぼんぼりです。 

柱が細く、3本の反り入った脚が特徴で、
繊細で曲線の美しいぼんぼりです。 

専門の木工職人により下地が補修され、
塗師により美しい朱塗りに塗り替えられました。 

火袋に布を張って完成となります。

山の辺の道 長月の早朝 

2018年9月19日 by sporder

ブログNo.2756
山の辺の道 長月の早朝 

長月18日 早朝の山の辺道です。 

日中はまだ暑さが残るものの、早朝は肌寒く感じられます。 

道沿いの田んぼの畔には彼岸花が咲き、 
柿畑の青柿は、日に日に色づいています。

この時期の山の辺は、 豊かな収穫の前に、
彩り豊かな和の色を楽しむことができます。

御簾 105×35㎝ 赤地白紋寿 切房2段染 

2018年9月17日 by sporder

ブログNo.2755 
御簾 105×35㎝ 赤地白紋寿 切房2段染 

御簾をお仕立てしました。 

神殿内陣に設えられます。 

幅105㎝丈35㎝、竹は綿糸表編み、
生地は赤地白紋寿、房は切房2段染です。 

裾にはパイプを巻き込み、質感を高めております。

 

八脚案 桧製 75×24×75㎝

2018年9月16日 by sporder

ブログNo.2754
八脚案 桧製 75×24×75㎝

八脚案(八足台、神饌台)を製作しました。 

ご家庭の神床に設えられます。 

幅75㎝奥行24㎝高さ75㎝材質は桧製です。 

天板と脚は蟻差しで組み立てる仕様です。