小鼓袋

2010年7月18日 by sporder

126
小鼓袋

小鼓を収納される袋を製作しました。
小鼓は分解して収納されるので、胴用と革用を同種の布でお仕立しました。
布は、金襴地で紺地に金糸の亀甲の中に花の意匠が織り込まれています。
紐は、全体の雰囲気に合わせて江戸打ちの古代紫です。

御簾 綾錦朱地金糸入り 麻房

2010年7月17日 by sporder

126
御簾 綾錦朱地金糸入り 麻房

神社拝殿の御簾を製作しました。
布地は、古代小葵柄入りの綾錦朱地の金糸入りで、房は、麻の三段染めです。
朱地に金糸が入っているので、一見派手なように見えますが、経年の拝殿にしつらえますと、全体に調和して厳かな美しさが醸し出されます。

住吉提灯

2010年7月16日 by sporder

125
住吉提灯

住吉提灯を製作しました。
正面に社名、側面に社紋、後面に『氏子中』の文字を入れております。
和紙に耐久性と撥水性が出るように、表面を油引き加工をしています。
楷書の文字と側面の社紋がバランスよくおさまっています。

神壇(別注) 

2010年7月15日 by sporder

124
神壇(別注)

別注の神壇を製作しました。
既製品SA型(幅約80cm)の下段の高さを低くしております。
通常神壇の高さは、立った時に見下げない、座ったときに見上げすぎない 高さで設定しておりますが、 今回は30cm程度の台の上に置かれるため下段の高さ調整をしました。

祭はっぴ(半纏)

2010年7月14日 by sporder

123
祭はっぴ(半纏)

祭のはっぴ(半纏)を製作しました。
はっぴ本体は既製柄で、襟にご指定の文字を入れました。
袖先と裾にもご指定のデザインを縫い付けております。
鮮やかな青色のはっぴは、子どもから大人まで 季節をとわず着ていただける人気色です。

大玉串(人工榊)

2010年7月13日 by sporder

122
大玉串(人工榊)

人工榊を使用した 大玉串(榊)を製作しまた。
榊は、一見すると天然のものと見間違うほど自然にできています。
ご希望のボリューム(幅、高さ、密集度等)でおつくしております。
今回は全長が約120cm(軸の長さ含まず)の大型で、葉の密集度は標準です。

御簾 正絹本倭錦 麻房付き 

2010年7月12日 by sporder

121
御簾 正絹本倭錦 麻房付き

正絹本倭錦の布で御簾をお仕立しました。
竹の編み方は、 節が揃った表編みで、丈が長いため御簾下部に下縁をつけております。
普段は鈎(かぎ)に掛けて巻き上げられるので、ご指定の寸法になるように 房の紐を調整しております。
竹の穏やかな光沢が赤、黒の色彩を引き立てています。

御輿用 鈴綱(鈴紐) 胴芯紐 

2010年7月11日 by sporder

120
御輿用 鈴綱(鈴紐) 胴芯紐

御輿用の鈴綱(鈴紐)を製作しました。
木製の芯棒に腰のある朱色の胴芯紐を巻いて、直径2寸5分に仕上げています。
御輿の蕨手(わらびて・・・屋根の先端の曲がっている部分)から、担ぎ棒にかけて斜めに取り付けられます。
鈴綱(鈴棒)1本に対して 鈴を3個程度垂直に結びつけます。
漆黒と本金メッキの金具が醸し出す 御輿本体の重厚雰囲気に、朱色の鈴綱が華やかさを添えます。

御社の台 

2010年7月10日 by sporder

119
御社の台

御社の台を製作しました。
ご家庭で神様と御霊舎を並列して祀られる際に、神様の社の位置を少し上げられるためのものです。
材質は木曽桧材で、 安定感の出るように、正面に幅広の束を入れました。

天理教 神殿

2010年7月9日 by sporder

118
天理教神殿

神殿神具一式を納入しました。
壁の漆喰の白、 社や上段床の白木の白肌色、 唯一目立つのが御簾の赤黄色という シンプルでありながら しなやさ、落ち着きの感じる神殿です。
窓から入ってくる自然光が 参拝者を優しく包み込みます。