御霊舎(別注)  

2010年11月9日 by sporder

226
御霊舎(別注)

別注で御霊舎を製作しました。
『多数の霊璽が納まる大きさ』 とのご指定で、通常サイズより幅、奥行ともかなり大きくしました。
材質は、木曽桧材で、扉金具、段金具等の飾金物をお取付けし、内装は、戸帳、厚畳をしつらえました。
御簾は、正絹本倭錦麻房付き、手前には玉串用の八脚案、奥には神饌用の八脚案(神饌台)を配置しております。
旧家の神床に据えられた新しい御霊舎が、清々しい雰囲気を醸しだしています。

太鼓

2010年11月7日 by sporder

225
太鼓

太鼓と鐘を製作しました。
太鼓本体は直径2尺1寸(約63cm) で、上部には木彫り本金箔の火炎を取り付けております。(全高 約210cm)
太鼓は、細分化した日本の専門職人が、太鼓本体、生地、彫り、塗り、錺金物、取り付け組み立て の工程を経て出来上がる手造り品です。
火炎の意匠化された火、水、雲(風)のモチーフが立体的に浮き上がって見えます。

高張提灯 (髭文字) 

2010年11月6日 by sporder

224
高張提灯 (髭文字)

高張提灯を製作しました。
表面の『御神燈』の文字は、髭文字(ひげもじ)で側面に社紋と家紋、
後面にはお名前を入れました。
『御神燈』の髭文字は、工房や職方によって異なり、とても興味深いかたちです。
側面の社紋は、左三つ巴の黒縁赤色塗りで、家紋は五七の桐です。

収納箱(はっぴ)  

2010年11月5日 by sporder

224
収納箱(はっぴ)

はっぴを収納される箱を製作しました。
桧等の白木材を使用するとヤニ(油分)が出ることがありますので、今回は合板で製作しました。
外装には薄くニス引きしております。

高張提灯

2010年11月4日 by sporder

222
高張提灯

高張り提灯を製作しました。
社務所にかけれるもので、寸法は標準的な1尺4寸(直径約40cm)です。
側面には社紋の梅鉢を赤で入れ、後面には社名を入れました。
晴れ渡った文化の日、庭から差し込む光で、提灯が輝いて見えます。

山の辺の道(霜月二日)

2010年11月3日 by sporder

221
山の辺の道

霜月二日 早朝の山の辺の道です。
日の出前の山の辺の山々は青紫に染まり、
よどみのない凛とした空気に包まれています。
日が昇ると 道沿いの稲刈りをすませた田んぼの横に、
綺麗な柿が実っていました。

御簾 本倭錦 麻房付き 

2010年11月1日 by sporder

221
御簾 本倭錦 麻房付き

神壇用の御簾をお仕立しました。
生地は、絹地の本倭錦で、房は三段染めの麻房です。
落ち着いた濃い目の赤色と、生成りの麻房の白の対比に、品の良さを感じます。

高張提灯  十四菊 紋入り

2010年10月31日 by sporder

219
高張提灯
十四菊 紋入り

高張提灯を製作しました。
正面に『御神燈』の文字を楷書で、 裏面には各町内の名前を入れました。 側面には、氏神様の神社の社紋 『十四菊』を 赤色、黒色を入れております。
縁が太目く、中になるほど細く描かれた 『十四菊』のかたちに、凛とした雰囲気を感じます。

御簾 綾錦萌黄 麻房

2010年10月30日 by sporder

218
御簾 綾錦萌黄 麻房

ご家庭でお祀りされる 御霊舎神壇用の御簾をお仕立しました。
生地は、綾錦萌黄地金糸入りで、房は三段染めの麻房です。
柔らかいグーリンの萌黄地の色合いと、三段染めがバランスよくおさまっているように感じます。

白木台

2010年10月29日 by sporder

217
白木台

白木台を製作しました。
幅3尺(約90cm)奥行4尺(約120cm)で、天板の厚みは分厚く 1寸5分(4.5cm)です。
材質は総木曽桧材です。
木曽桧の柔らかい色合いと、どっしりとした丸柱と天板の厚みがつりあい、
安定感のある かたちにしあがりました。