円座2尺1寸 組編み 

2017年4月20日 by sporder


ブログNo.2297 
円座2尺1寸 組編み 

円座を製作しました。 

神殿内に設えられるもので、
直径2尺1寸(約64㎝)、イ草製の大型の円座です。 

編み方は、畝の起伏の少ない、
組編みで仕上げております。

神鏡6寸 三種神器 正絹本倭錦 

2017年4月19日 by sporder

ブログNo.2296
神鏡6寸 三種神器 正絹本倭錦 

三種神器の神鏡を製作しました。 

直径6寸、布地は正絹本倭錦、です。 

房は朱地より房、平頭をお取り付けいたしました。

御簾  交織倭錦(緑) 麻房三段染め 竹:綿糸一本返し編み  両面仕立て208.8×60(39㎝巻上)

2017年4月18日 by sporder

ブログNo.2295 
御簾  交織倭錦(緑) 麻房三段染め 竹:綿糸一本返し編み  両面仕立て208.8×60(39㎝巻上)

御簾をお仕立てしました。 

拝殿側面 4箇所に設えられます。

幅208.8㎝丈60㎝、竹は綿糸一本返し編み、
布:交織倭錦緑、房:麻房3段染 です。

御簾の表裏が見せるため、
両面のお仕立てで仕上げました。 

剣袋(三種神器) 1尺2寸 正絹本倭錦  

2017年4月17日 by sporder

ブログNo.2294 
剣袋(三種神器) 1尺2寸 正絹本倭錦  

三種の神器用の剣袋を製作しました。 

永年真榊にかけておられたため、
生地が破れたり変色しておりました。 

ご造営改修に伴い、 剣袋も新調されます。

全長1尺2寸(約36㎝)、
生地は正絹本錦、房は朱色より房です。 

高張提灯 ビニール製 1尺5寸 社名社紋(左三つ巴) 

2017年4月16日 by sporder

ブログNo.2293  
高張提灯 ビニール製 1尺5寸 社名社紋(左三つ巴) 

高張提灯を製作しました。 

拝殿軒先左右に設えられます。 
直径1尺5寸(約45㎝)の高張提灯で、
素材はビニールです。 

正面には社名、
左右には赤色で『左三つ巴』の社紋を入れております。

真榊用 五色布 一重垂れ  5尺×22㎝  

2017年4月15日 by sporder

ブログNo.2292 
真榊用 五色布 一重垂れ  5尺×22㎝  

真榊用の五色布をお仕立てしました。 

拝殿の左右に配される真榊台に設えられます。 

幅22㎝ 丈5尺(150㎝)生地は化繊(ミナロン)、

緑黄赤白紫の重ねが一方の端にくる 一重垂れ仕様です。 

五色布の形は様々で、一重垂れ、
二重垂れ(内側2か所色の重ねがあるもの)のほかに、
上部を三角にせず麻緒等で束ねた形状のものなど
様々な伝統的な仕様がございます。

三方(三宝) 木曽桧 1尺

2017年4月14日 by sporder

ブログNo.2291
三方(三宝) 木曽桧 1尺 

折敷の幅が1尺(約30㎝)の大型の三方をご用意しました。

材質は木曽桧の柾目を使用しております。 

吉野桧の三方に比べ、
脚部が太いため安定感が感じられます。

木曽桧特有の人肌のような柔らかな色合は、
手を止めに見入ってしまうほど、

天然素材の中でも特に美しいものの一つです。

八脚案(八足台、神饌台) 桧製 二段型 180×27×103、91cm  

2017年4月13日 by sporder

ブログNo.2290
八脚案(八足台、神饌台) 桧製 二段型 180×27×103、91cm  

八脚案を製作しました。 

御神前に神饌用の台としてご奉納されます。 

幅180cm奥行27cm高さ103cm、91cm の二段型です。  

三方でなく折敷をご使用して御神饌されるため、
ご指定により12cmとさせていただきました。

揚巻房 1尺 赤 二重頭

2017年4月12日 by sporder

ブログNo.2289
揚巻房 1尺 赤 二重頭  

揚巻房を製作しました。 

神前幕に設えられます。 

房の長さが1尺(約30cm)、全長57cmに仕上げてります。 

仕様は、より房、赤色一色、頭は二重頭です。 

幕に設える房は、通常単色が一般的です。

神前幟 社紋(右離れ立葵)、社名等入り 化繊 45×180㎝ 

2017年4月11日 by sporder

ブログNo.2288 
神前幟 社紋(右離れ立葵)、社名等入り 化繊 45×180㎝  

境内から参道にかけて掲揚される幟を製作しました。 

幅45㎝丈180㎝、素材は化繊です。 

紺色に染めた生地の上部に『奉納』の文字、
社紋の『右離れ立葵』、
社名を白抜で仕上げました。

右には『願意』、
左には奉納年月日と奉納者を記せる欄を入れております。