厚畳(二畳台)  90×90×10㎝ 繧繝縁

2017年11月14日 by sporder

ブログNo.2482 
厚畳(二畳台)  90×90×10㎝ 繧繝縁 

二畳台を製作しました。 

幅90㎝奥行90㎝の正方で厚みは10㎝です。

縁は繧繝布を使用し、二方縁でお仕立ていたしました。

縁の上部が織り込まれた上に、柄合わせがなされた仕立てがなされており、

細部にわたり職人の丁寧な手業を見ることができます。

段金具(階段金具) 折金具 メッキ直し

2017年11月13日 by sporder

ブログNo.2481
段金具(階段金具) 折金具 メッキ直し

社殿の階段に設える金具のメッキ直しをしました。 

階段正面(蹴込板)にお取り付けする段金具、
階段の両端にお取り付けする折れ金具です。 

社殿が大きいため、段金具も幅35×8㎝の寸法になります。

 本金メッキを施すことで、新品同様の輝きが戻り、
改修された社殿にお取り付けすると、一層格調高く感じられます。

玄関幕(神前幕)354×90cm テトロンちりめん 紫地 梅鉢紋入り

2017年11月12日 by sporder

ブログNo.2480 
玄関幕(神前幕)354×90cm テトロンちりめん 紫地 梅鉢紋入り
 
玄関幕を製作しました。 

神殿の玄関に設えられます。 

幅354㎝丈90㎝、生地は生地に厚みのあるテトロンちりめんです。 

濃い紫に染め上げられ、丸に梅鉢紋を白色で染め抜いております。 

中心に据える幕房(揚巻)は、明るい紫色をご用意いたしました。   

八脚案 桧製3段型 90×27×13、21、70㎝ 

2017年11月11日 by sporder

ブログNo.2479
八脚案 桧製3段型 90×27×13、21、70㎝ 

八脚案を製作しました。

神床に設えられます。 
幅90㎝奥行27㎝、高さは13,21,70㎝の3段型です。

材質は桧材、天板と脚は蟻差しで組み上げる仕様です。

桧材特有の人肌のような天板の色合いは、
1枚と同じものはありませんが、

それぞれの意図しない自然の美しさに見入ってしまいます。

高張提灯1尺5寸 御神燈 左三つ巴紋

2017年11月10日 by sporder

ブログNo.2478
高張提灯1尺5寸 御神燈 左三つ巴紋

高張提灯を製作しました。

ご神前に奉納されます。

直径約46㎝、全長93㎝、
正面には楷書で『御神燈』、側面には左三つ巴紋を赤で入れ、
後面には、御奉納者の氏名、奉納日を黒色で記しております。

全体は和紙張り、油引きで仕上げております。


御簾  正絹菊菱柄 麻房付き46×43cm 赤より房  

2017年11月9日 by sporder

ブログNo.2477 
御簾  正絹菊菱柄 麻房付き46×43cm 赤より房  

御簾をお仕立てしました。 

本殿の改修に伴い、
左右の末社の御簾も新調されます。 

幅46㎝丈43㎝、竹は綿糸表編み、
布は正絹菊菱朱地、
房はより房2段染です。 

御簾の仕様や寸法のすべては、
20年前にお仕立てした通りで、
今回の御簾が20年後の見本となるように、
細部にわたり丁寧に仕上げております。

壁代 テトロン緞子 340×116㎝ 

2017年11月7日 by sporder

ブログNo.2476
壁代 テトロン緞子 340×116㎝ 

壁代をお仕立てしました。 

社殿の改修に伴い、内装も新調されます。 

幅340c丈116㎝、 生地はテトロン緞子、単仕立てです。 

布筋や朽木を入れない仕様でお仕立てしております。

本坪鈴 8寸

2017年11月6日 by sporder

ブログNo.2475
本坪鈴 8寸

本坪鈴をご用意しました。 

直径8寸(約24㎝)の大型の鈴です。

拝殿神具新調に伴い、拝殿の正面に設えられた、
本坪鈴を新調お取替されます。。

素材は真鍮製で、直径8寸(約24㎝)高さ約31㎝です。

今回のような大型の鈴になると、
音は軽やかというよりも、重みと威厳が感じられます

御簾 紫布地さや形(紗綾形 模様入り より房 210×80(50㎝巻上)  

2017年11月5日 by sporder

ブログNo.2474 
御簾 紫布地さや形(紗綾形 模様入り より房 210×80(50㎝巻上)  

御簾をお仕立てしました。 

神殿の内陣に設えられます。 

幅210㎝丈80㎝、竹は綿糸表編み、
布は紫地さや形(紗綾形)地模様入り、
より房2段染です。 

一見すれば紫単色に見えますが、
光の加減で地模様が浮き出て、
非常に奥ゆかしく感じられ、
紅白のより房が際立って見えます。

山の辺の道 霜月の早朝 蒸気霧 

2017年11月4日 by sporder

ブログNo.2473 
山の辺の道 霜月の早朝 蒸気霧 霜月二日 

早朝の山の辺の道です。 

長く続いた雨日がようやく上がり、青空が見えるようになりました。 

 
気温が一気に下がり、 夜都妓神社の池では、
気温と水温の寒暖差によって生まれる蒸気霧が立ち上り、
東の山からの上がる日の光とが相まって、
幻想的な情景が目の前に現れます。

周りには人の気配もなく、
異空間にたたずんでいるようで、心地良さすら感じられる
不思議な感覚になります。

収穫も終盤をむかえ、 豊穣の跡を道沿いに見ることができます。