神前幟 社紋(右離れ立葵)、社名等入り 化繊 45×180㎝ 

2017年4月11日 by sporder

ブログNo.2288 
神前幟 社紋(右離れ立葵)、社名等入り 化繊 45×180㎝  

境内から参道にかけて掲揚される幟を製作しました。 

幅45㎝丈180㎝、素材は化繊です。 

紺色に染めた生地の上部に『奉納』の文字、
社紋の『右離れ立葵』、
社名を白抜で仕上げました。

右には『願意』、
左には奉納年月日と奉納者を記せる欄を入れております。

卯月10日 夜都伎神社の桜

2017年4月10日 by sporder

ブログNo.2287
夜都伎神社の桜

卯月10日 早朝の山の辺の道です。 

夜都伎神社(やとぎじんじゃ)の池には、
満開の桜と、
青垣のように続く東の山々が映り込んでいます。

 
周りには人影を見ることもなく、
時折聞こえる野鳥の声の後には、
音のない状態が続き、
桜の花びらが水に落ちる音が聞こえそうな気がします。

神前幕 白地 紋:十六八重表菊 4個入り  

2017年4月9日 by sporder

ブログNo.2286
神前幕 白地 紋:十六八重表菊 4個入り  

神前幕を製作しました。

ご家庭の神棚に設えられます。 

幅150㎝丈35㎝、生地は綿地、
紋は十六八重表菊を4箇所に配しております。 

幕の中央で、
別に製作した白色の揚巻房で巻き上げます。

御簾 正絹本倭錦 麻房付き 61×63㎝

2017年4月7日 by sporder

ブログNo.2285
御簾 正絹本倭錦 麻房付き 61×63㎝

御簾をお仕立てしました。  

社殿改修の際に、御簾を新調お取替されます。 

幅61㎝丈63㎝、竹は綿糸表編み、
布は正絹本倭錦、房は麻房3段染です。  

20年後の見本となるように、
現状の御簾を正確に再現して製作いたしました。

拍子木 6寸紫檀  横溝無し 穴開け

2017年4月6日 by sporder

 ブログNo.2284
拍子木 6寸紫檀  横溝無し 穴開け 

拍子木を製作しました。

全長6寸(約18㎝)、材質は紫檀製、
側面は溝無し仕様です。 

紐を通してご使用されるため、 
下部に穴を開けております。

御簾房 より房平頭 6寸 2段染め

2017年4月5日 by sporder

 
ブログNo.2283

御簾房 より房平頭 6寸 2段染め  

御簾房を製作しました。 

ご神前の御簾房をお取り替えされます。 

房本体の長さが6寸(約18cm)、
鈎をで巻上げて40cmになるように仕上げました。 

より房には、頭の形状が二段と一段があり、 
今回は一段の平頭で製作しております。

八脚案(神饌台、八足台)桧製 45×27×75㎝

2017年4月4日 by sporder

ブログNo.2282
八脚案(神饌台、八足台)桧製 45×27×75㎝  

八脚案を製作しました。 

幅45㎝奥行27㎝高さ75㎝ の脚高の案です。 

材質は桧製、
天板と脚は蟻差しで組み立てる仕様です。

高張提灯 1尺3寸 御神燈 六角に揚羽蝶 

2017年4月2日 by sporder

ブログNo.2281
高張提灯 1尺3寸 御神燈 六角に揚羽蝶  

高張提灯を製作しました。 

お祭りの際に、ご家庭の玄関に設えられます。 

直径1尺3寸(約37cm)、
正面には楷書で『御神燈』側面には家紋の 
『六角に揚羽蝶』後面には、氏名を入れております。 

蝶は古来より吉祥文様とされ、
神官装束の他
各種祭神具のデザインにも取り入れております。

格衣 白地 格衣   シルック羽二重 単 

2017年4月1日 by sporder

ブログNo.2280   
格衣 白地 格衣   シルック羽二重 単 

白色の格衣を製作しました。 

素材は、巫女装束に使用される
シルック羽二重を使用しております。   

胸紐・飾り紐 は紫/白 、袖口・脇かがり紐です。 

仕上がった格衣は純白で、
織物とは趣が異なり、清楚で清らかさが感じられます。

御簾 交織倭錦緑 麻房2段染80×40cm   

2017年3月31日 by sporder

ブログNo.2279 
御簾 交織倭錦 麻房二段染 80×40㎝ 

御簾をお仕立てしました。 

ご家庭の御霊をおまつりされる、神床に設えられます。 

幅80cm丈40cm、竹は綿糸表編み、
布は交織倭錦緑、房は麻房2段染です。 

緑系の布に紅白二段染の房を合わせる事は稀ですが、 
二段染の房の方が麻のもつ素材感が伝わります。