2018年

御簾 105×35㎝ 赤地白紋寿 切房2段染 

2018年9月17日 by sporder

ブログNo.2755 
御簾 105×35㎝ 赤地白紋寿 切房2段染 

御簾をお仕立てしました。 

神殿内陣に設えられます。 

幅105㎝丈35㎝、竹は綿糸表編み、
生地は赤地白紋寿、房は切房2段染です。 

裾にはパイプを巻き込み、質感を高めております。

 

八脚案 桧製 75×24×75㎝

2018年9月16日 by sporder

ブログNo.2754
八脚案 桧製 75×24×75㎝

八脚案(八足台、神饌台)を製作しました。 

ご家庭の神床に設えられます。 

幅75㎝奥行24㎝高さ75㎝材質は桧製です。 

天板と脚は蟻差しで組み立てる仕様です。

 

獅子舞用 縦笛(竹製)

2018年9月15日 by sporder

ブログNo.2753
獅子舞用 縦笛(竹製)  

獅子舞にご使用される笛を製作しました。 

地域に伝わる獅子舞の継承の中で、竹笛を新調されます。

御見本通りの寸法仕様、
全長46㎝直径2㎝6穴の縦笛で、材質は竹製です。 

歌口はリコーダーや尺八とは異なり、
断面が直線の形状をしております。 

獅子舞でご使用される大切な楽器であることはもちろんのこと、
次回新調のお見本になることも職人に伝え、
丁寧な仕上がりの笛に仕上がりました。

 

円座2尺2寸 組編 

2018年9月14日 by sporder

ブログNo.2752 
円座2尺2寸 組編 

円座を製作しました。 

直径2尺2寸(約67㎝)の大型の円座です。 

編み方は畝の段差の少ない組み編みです。 

円座の編み方は他に『渦巻き』がございます。

 

天狗面修復 2 

2018年9月13日 by sporder

ブログNo.2751 
天狗面修復 2 

天狗面ブログ(No.2751 )が完成し、頭髪と鬚をお取り付けして完成しました。 

頭髪や鬚も、御面に取り付ける仕様でございましたので、
現状通りの位置に新たな毛をお取り付けいたした。  

今回の修復も単に綺麗にするだけでなく、
新調当初の風合いや佇まいにできるだけ近づけることをイメージし、
多数の職人の手により再現できました。

 

天狗面修理 1

2018年9月12日 by sporder

ブログNo.2750
天狗面修理 1  

御祭典でご使用される天狗面を修理いたしました。  

長期のご使用で
漆の剥がれや、割れ、鬚や毛が欠落しておりました。

専門職人の手によって割れ等を補修後、
下地を整え、朱の漆が施されました。 

眉は黒漆、 目や耳、皺等は金色で描かれております。 

金色の筆の素朴なタッチ感は、
現状の御面にできるだけ合わせております。

厚畳 繧繝縁 二方縁 110×48×10㎝   

2018年9月11日 by sporder

 

ブログNo.2749
厚畳 繧繝縁 二方縁 110×48×10㎝   

厚畳を製作しました。 

神殿改修御造営に伴い、社殿内部の設えを新調されます。 

幅110㎝奥行48㎝高さ10㎝ 、
縁は二方に繧繝布と取り付けて仕上げました。 

神祭具の畳関係に使用される縁は、
高麗縁や繧繝はじめ多数ございますが、 
繧繝縁が最上とされます。


門帳(戸帳) 人絹緞子 9尺×1尺5寸  

2018年9月10日 by sporder

ブログNo.2748   
門帳(戸帳) 人絹緞子 9尺×1尺5寸  

戸帳をお仕立てしました。 

拝殿の正面に設えられます。 

幅9尺(約270㎝)丈1尺5寸(約45㎝)、
生地は人絹緞子、布筋は赤紫胡蝶柄、朽木摺柄が入っております。

戸帳には、各所に小葵や鳥、蝶、朽木(朽ちた木を意匠化したもの)など
様々な美しい有職文様が配されております。

 

御簾 新倭錦紋入り 45×120㎝  

2018年9月9日 by sporder

ブログNo.2747 
御簾 新倭錦紋入り 45×120㎝  

御簾をお仕立てしました。 

神殿の左右に設えられます。 

幅45㎝丈12㎝、竹は綿糸表編み、
布は新倭錦赤梅鉢紋入りでございます。 

袖御簾は、中に納まる御社や神饌台(八脚案)の寸法をもとに、
全体の釣り合いが取れる幅で製作しております。

白木六角時計 1尺7寸 

2018年9月7日 by sporder

ブログNo.2746  
白木六角時計 1尺7寸 

白木六角時計を製作しました。 

幅1尺7寸(約81㎝)対角線寸法59㎝の大型の時計です。 

木枠の材質は木曽桧、文字盤は白、ガラス入り使用です。 

文字盤は白色の他に、木調でお作りすることもできます。