御輿

御簾 素竹白糸編み 白より房 90×75㎝

2017年12月16日 by sporder

ブログNo.2511  
御簾 素竹白糸編み 白より房 90×75㎝

御簾をお仕立てしました。 

幅90㎝丈75㎝、竹は染めていない素竹を使い、
白糸で編み上げております。

布は白地の金襴、房はより房色一色です。

御簾の花菱、鈎等の金具のみが金色で、
その他は 白と素の状態、
まさに、穢れのない『無垢』という言葉どおりの
御簾に感じます。


大型御幣  205㎝  飾り付き

2017年11月24日 by sporder

ブログNo.2491 
大型御幣  205㎝  飾り付き

大型の御幣を製作しました。 

だんじりの四方に設えれます。 

全長205㎝、幣軸は竹製、上部には飾り、 
中央には多数の紙垂、軸には等間隔に紐巻きで仕上げております。  

幣軸に紙垂が御幣の基本ではございますが、その仕様は様々です。 

今回の御幣も、調達困難な部材は、
できるだけ雰囲気を損なわないように新たなものにお取替し、
御見本に沿った形に仕上げました。 

部材の型紙作りから裁断、加工、取り付け、
など多数の職人の手仕事工程を経て、
だんじりの飾りに相応しい御幣に仕上がったかと存じます。

かんす型提灯 赤白 子ども神輿

2017年10月28日 by sporder

ブログNo.2468
かんす型提灯 赤白 子ども神輿

かんす型の提灯を製作しました。

子ども神輿に設えらられます。

直径28㎝高さ28㎝、 横の張りが大きい『かんす型』です。 

和紙張り、色は赤と白の2種類製作しました。

紅白の提灯が、お神輿を彩り、
微笑む大人に見守られた子どもたちが、
いつもとは違う空気を感じながら、
元気にお神輿を引く姿が思い浮かびます。

太鼓台幕 456×70㎝テトロンちりめん エンジ地 

2017年10月20日 by sporder

ブログNo.2460   
太鼓台幕 456×70㎝テトロンちりめん エンジ地 

太鼓台の幕を製作しました。 

秋祭りに曳航される太鼓台の下部に設える幕をです。 

幅 456㎝ 丈70㎝、 
生地は厚みがあり質感の高いテトロンちりめん、
色はエンジです。 

左右に町名と新調の年月日を白抜きで入れております。 

幕は太鼓台の4面に掛けた上で、
四面それぞれに紫の揚巻房で軽く巻上げるかたちになります。

祭はっぴ(法被、半纏)襟文字入り  

2017年9月12日 by sporder

ブログNo.2426 
祭はっぴ(法被、半纏)襟文字入り  

祭のはっぴを製作しました。 

秋祭りに子どもから大人まで、村の氏子の方々がお召しになるもので、
数種類のサイズをご用意しました。 

青地に襟は黒、
背面には『祭』の文字が赤色で染め抜かれた柄です。 

ご指定により襟に文字を入れております。

老いも若きも 同じはっぴをお召しになり、御祭に参加されることにより、
秋の心地よい空気閑の中
祭りの盛り上がりと、神との一体感をお感じになられることかと存じます。

御簾 新倭錦 七宝柄 88×30cm 切房 赤一色(だんじり用)

2017年7月13日 by sporder

ブログNo.2373
御簾 新倭錦 七宝柄 88×30cm 切房 赤一色(だんじり用)

御簾をお仕立てしました。 

だんじりの 四方に設えられます。 

幅88cm 丈30cm、竹は綿糸表編み、
布は新倭錦七宝柄、房は切房赤一色です。 

横布、立布寸法や割合は、現状の御簾を正確に再現し、
お仕立てしております。

紐房白 より房3寸 1m

2017年5月16日 by sporder

ブログNo.2321  
紐房白 より房3寸 1m

房紐を製作しました。 

お神輿の装飾にご使用されます。 

房本体が3寸(約9㎝)紐の長さが1m、房はより房平頭です。

多彩なお神輿に白の房紐はアクセントとなり、
神輿の晴れやかさを一層ひきたてることと存じます。

別注神壇 2尺 SS型 内部フラット仕様   扉4枚観音開き和紙調PC板入り 八脚案2段型 2-2 

2017年2月1日 by sporder

ブログNo.2227 
別注神壇 2尺 SS型 内部フラット仕様   扉4枚観音開き和紙調PC板入り

八脚案2段型 2-2 

神壇に合わせた八脚案(神饌台、八足台)をご用意しました。

 幅60㎝奥行18㎝高さ69㎝、59㎝ の2段型です。 

材質は天板がスプルース材、脚は桧材です。 

分解収納しやすいように、ジョイント金具仕様で仕上げております。

揚巻房 赤より房平頭 5寸

2016年12月4日 by sporder

bettyuu2177-3ブログNo.2176 
揚巻房 赤より房平頭 5寸 

揚巻房を製作しました。 

地車(だんじり)の装飾として設えられます。 

房の本体が5寸(約15㎝)、より房平頭赤一色、
結びは揚巻(あげまき)です。 

平安時代の稚児の髪型に由来すると伝えられる『揚巻結び』は、
御簾、幕、神殿調度をはじめ、
日本のしきたりや設えなど様々なところに見ることができます。

そのシンプルでありながら美しい形状は、
 日本らしさが想起される伝統のかたちです

bettyuu2177-2 bettyuu2177-1

祭 団扇(うちわ) 小  57×74㎝

2016年10月22日 by sporder

bettyuu2138-2ブログNo.2137
祭 団扇(うちわ) 小  57×74㎝ 

3枚の祭うちわをご用意しました。 

秋祭りで、子ども神輿の先導にご使用されます。 
扇面の幅約57㎝高さ49cm、
全長74㎝です。 

扇面には『祭』を片面に入れております。
(両面に『祭』を入れることもできます。) 

年長の子どもたちが担ぐお神輿の動きに合わせて、
3人の小さな子どもたちが力いっぱい新調の団扇で扇ぎ、
ほほえましく見守る地元の人たち、 
そんな光景を想像してしまいます。
bettyuu2138-3 bettyuu2138-1