修理・修復

胡床(相引) 塗替 座面張替

2017年3月19日 by sporder

ブログNo.2267  
胡床(相引) 塗替 座面張替

胡床(相引)を塗り替え、座面をお取り替えしました。 

長年のご使用で、塗り部分の剥がれや座面の汚れ、破れ部分がございました。 

座面を外し、黒塗りで仕上げた後、
白帆布の座面をお取り付けしました。 

今回の胡床の形は手造りされたもので、現在の形状と異なりますが、 
ご奉納された方の思い大切にされ、
手直しして大切にご使用されます。

赤ぼんぼり 火袋張り替え  

2017年2月9日 by sporder

ブログNo.2233  
赤ぼんぼり 火袋張り替え  

赤ぼんぼりの火袋を張り替えました。 

全高90㎝(3尺)のぼんぼりです。 

永年のご使用で、火袋の布が劣化し、
骨のぐらつきと多数の破れている箇所がございました。 

全体的に布をはがし、骨を補修したうえで、
専門職人の手によって、
真新しい羽二重(絹)赤布が張り上げられました。

楽太鼓塗り替え 1尺6寸

2016年11月22日 by sporder

bettyuu2166-1ブログNo.2165
楽太鼓塗り替え 1尺6寸  

楽太鼓・太鼓台を塗り替えました。 

永年のご使用で、太鼓面の金箔・漆が剥げ、
太鼓台の火炎の割れや、台のぐらつき等の不具合が出ておりました。 

すべてのパーツをいったん外し、
割れやぐらつきを補修した後、
専門の塗師によって、塗り替えられました。 

太鼓の中の『左三つ巴』もきれいに描きなおされ、
新調の朱房(ブログNo.2138)をつけると、新品同様の輝きに戻りました。

bettyuu2166-2 bettyuu2166-3

太鼓台丸枠 修理(割れ補修+塗り変え) 

2016年7月31日 by sporder

bettyuu2067-3ブログNo.2066 
太鼓台丸枠 修理(割れ補修+塗り変え)  

太鼓台の丸枠を修理しました。 
太鼓の移動中に倒され、 丸枠の継ぎ部分が割れが生じました。 

飾金具と火炎の座金(ハカマ)を等金具類を取り外し、
継ぎ部分を元通りに復元しました。 

その後塗師によって、下地から丁寧に塗り替えられ、 
新調品同様の輝きに戻りました。 

元の金具類を取り付けて、修理完了となります。

bettyuu2067-1 bettyuu2067-2

桧扇 糸綴じ直し、要取り替え 

2016年7月27日 by sporder

bettyuu2063-6ブログNo.2062
桧扇 糸綴じ直し、要取り替え  
桧扇の糸を綴じ直し、
要もお取り替えしました。 

桧扇は、桧の薄板を糸で綴じてつくられており、 
取り扱いを誤ると割れたり糸切れしたりする繊細な扇です。 

長期のご使用で、糸が所々切れておりました。  

専門職人の手によって、糸が丁寧に外され、 
薄板を傷つけないように1枚ずつ手縫いして組み上げられます。 

経年劣化を考えて、要もお取り替えしております。

bettyuu2063-3 bettyuu2063-2

太鼓台丸枠吊り金具 修理(取り替え) 

2016年7月11日 by sporder

bettyuu2048-3ブログNo.2047
太鼓台丸枠吊り金具 修理(取り替え) 

太鼓台 丸枠部分の吊り金具をお取り替えしました。 

長期のご使用で金具の根元部分が金属疲労を起こし、
切れてしまいました。 

吊り金具は根元部分が抜けないように、
折り曲げて釘止めしておりますので、
一旦火炎を取り付ける座金部分を取り外し、
古い金具を外して、新しい金具にお取り替えしております。  

今後の耐久性も考えて、現状のものより軸径の太いものを使用致しました。

bettyuu2048-1 bettyuu2048-2

拍子木 紫檀 削り直し 紫檀製

2016年7月7日 by sporder

bettyuu2045-3ブログNo.2044
拍子木 紫檀 削り直し 紫檀製  

拍子木を削り直しました。 

全長21cm、紫檀素材の拍子木です。

長期のご使用で拍子木の表面部分が
ささくれた状態になっておりました。  

内部に大きな割れ等が入っていない事が確認出来ましたので、 
専門職人の手により、 拍子木全体を削り直し、
全体を仕上げ磨いて塗装で仕上げました。 

bettyuu2045-2 bettyuu2045-1

胴長太鼓(宮太鼓) 2尺4寸(約72cm) 革張替(両面) 

2016年7月3日 by sporder

bettyuu2041-1ブログNo.2040
胴長太鼓(宮太鼓) 2尺4寸(約72cm) 革張替(両面) 

胴長太鼓の革を張り替えました。

  直径2尺4寸(約72cm)の大型の胴長太鼓で、男性4人で抱えなければ動かせないくらいの重量があります。  

専門職人の手により、両面の革が丁寧に張り替えられ、
胴部分も綺麗にニス引き補修もいたしました。 

革の縁にはご指定により、張替年月日を黒色で入れております。

bettyuu2041-2 bettyuu2041-3

赤ぼんぼり 火袋張替え 2尺5寸用

2016年6月17日 by sporder

bettyuu2027-3ブログNo.2025
赤ぼんぼり 火袋張替え 2尺5寸用   
赤ぼんぼりの火袋を張り替えました。 

全高2尺5寸(約75cm)の神殿用のぼんぼりです。 

長期の御使用で火袋の布が劣化し破れておりました。 

正絹地の赤羽二重布を使い、
専門職人の手によって、
1枚づつ丁寧に時間をかけて手張りされ、
火袋の張替が完成します。

bettyuu2027-1 bettyuu2027-2

白木太鼓撥 革巻き替え 

2016年4月5日 by sporder

bettyuu1960-1ブログNo.1958 
白木太鼓撥 革巻き替え  

白木の太鼓撥の皮を巻き替えました。 

長期のご使用で、先端革巻き部分が擦り切れ、
生地部分が見えている状態でした。 

専門職人の手によって、先端のかたち合わせて、
弛み一つなく見事に縫い上げられています。 仕

上がった撥先は、しなやかな鹿革の質感と、
オフホワイトの色合いが美しく感じられます。

bettyuu1960-2 bettyuu1960-3