ご家庭での神様のお祀り

御簾 5枚割 新倭錦 切房 総幅188丈90㎝ 

2017年8月13日 by sporder

ブログNo.2402   
御簾 5枚割 新倭錦 切房 総幅188丈90㎝ 

御簾 をお仕立てしました。 

ご家庭の神床に設えられます。 

前と奥の二重御簾で、奥御簾は5枚割りです。  

竹は綿糸表編み、布は新倭錦赤梅鉢紋入り、
紅白2段染め切房です。 

神床内部 壁面の形状に合わせて、 
左上部に4cm幅の切り込みを入れております。

八脚案(神饌台、八足台) 90×24×90㎝ 桧製 

2017年8月11日 by sporder

 
ブログNo.2400  
八脚案(神饌台、八足台) 90×24×90㎝ 桧製 

 八脚案を製作しました。 

ご家庭の神棚前に、ご神饌用の案として設えられます。 

幅90cm奥行24cm高さ90cm、材質は桧製です。
 
天板と脚は蟻差しで組み立てる仕様です。  

幅と高さが同寸法の正方は、
日本人が美しいと感じるバランスのとれた『かたち』であると思います。

御簾 3枚割 260×180㎝  3枚割 新倭錦 麻房付き 

2017年8月4日 by sporder

ブログNo.2394 
御簾 3枚割 260×180㎝  3枚割 新倭錦 麻房付き  

御簾をお仕立てしました。 

神殿に設えられます。 

幅260cm丈180cmを3枚割とし、
中110cm左右75cmで割り付けしております。 

竹は綿糸表編み、布は新倭錦赤、房は麻房3段染です。

3枚の御簾は立布横布とも柄合わせをしており、 
一見するだけでは、3枚の御簾につながってように見えないのは、
熟練した職人の手業でございます。

八脚案(神饌台、 八足台) 95×33×35cm 桧製

2017年7月29日 by sporder

ブログNo.2388
八脚案(神饌台、 八足台) 95×33×35cm 桧製 

八脚案を製作しました。  

幅95cm奥行33cm高さ35cm、 天板は木曽桧製、
脚部は吉野桧材を使用しております。 

-天板と脚は『蟻差し』で組み立てる仕様です。

八脚案(神饌台、八足台) 桧製 3尺(約90cm)×6寸(約18cm)×22.5cm 

2017年7月22日 by sporder

ブログNo.2381

八脚案(神饌台、八足台) 桧製
3尺(約90cm)×6寸(約18cm)×22.5cm 

八脚案を製作しました。 

ご家庭の神床に、御神饌用の台として設えられます。 

幅3尺(約90cm)奥行6寸(約18cm)高さ22.5㎝です。 

材質は桧製(天板:木曽桧、脚:吉野桧)、
天板と脚は蟻差しで仕上げております。 

木曽桧特有の、人肌のような柔らかい色合いが美しい案に仕上がりました。

御簾 3枚割り 赤地白紋 正絹 切房付き 137×40cm 

2017年7月21日 by sporder

ブログNo.2380
御簾 3枚割り 赤地白紋 正絹 切房付き 137×40cm 

御簾をお仕立てしました。 

幅137cmのご家庭の神床に設えられます。  

中御簾97×40cm、
左右20×116cmの3枚割り仕立てです。 

竹は綿糸表編み、布は赤地白紋正絹、
房は切房2段染めです。 

 

絹特有の深いある赤色に白紋が一層映えます。

御簾 新倭錦青 切房古代紫白 二段染 120×60㎝

2017年7月16日 by sporder

ブログNo.2376 
御簾 新倭錦青 切房古代紫白 二段染 120×60㎝

御簾をお仕立てしました。 

ご家庭の神床に設えられます。 

幅120㎝丈60㎝、竹は綿糸表編み、
布は新倭錦青 小葵柄、房は切房古代紫白二段染めです。 

常時巻上げられるため、
ご指定により下縁はお取り付けしないかたちのお仕立てす。 

古代紫二段染めの房と布との組み合わせが上品で、
控え目ながらも上質さが感じられます。 

八脚案 桧製 90×27×75㎝

2017年7月14日 by sporder

ブログNo.2374 
八脚案 桧製 90×27×75㎝ 

八脚案を製作しました。 

ご家庭の神饌用の案としてご使用されます。 

幅90㎝奥行27㎝高さ75㎝、材質は桧製です。 

奥行が深く、安定感のある案に仕上がりした。

御簾 正絹菊菱朱 74.5×125㎝ 麻房付き、神鏡付き  

2017年7月9日 by sporder

ブログNo.2369
御簾 正絹菊菱朱 74.5×125㎝ 麻房付き、神鏡付き  

御簾をお仕立てしました。 

社殿の正面に設えられます。 

幅74.5㎝ 丈125㎝ 竹は綿糸表編み、
布は正絹菊菱朱地、房 麻房三段染です。 

御簾の中心に神鏡を設えております。

神鏡は神鏡台に据えるのが一般的でございますが、 
御簾に設えるも大切に継承された『かたち』です。  

 

御簾 交織倭錦赤 48×44cm 切房2段染め

2017年7月6日 by sporder

ブログNo.2367
御簾 交織倭錦赤 48×44cm 切房2段染め 

御簾をお仕立てしました。 

社殿の前に設えられます。 

幅48cm丈44cm 竹は綿糸表編み、布は交織倭錦赤 、
房は切房2段染を組み合わせております。